彼の思いがつまった婚約指輪は一生の宝物

婚約指輪と結婚指輪は意味合いが違う

同じ指輪でも婚約指輪と結婚指輪は意味が大きく違います。
まず、婚約指輪は結婚していないカップルで男性が女性に結婚の決意を表す証の指輪です。ですので、渡し方も重要になってきます。サプライズをしたり、夜景のキレイなところに行ったりと、相手が喜びそうな事をするといいでしょう。それに対し、結婚指輪は、すでに結婚が決まっていますし、渡すのは結婚式当日になりますので二人で指輪を選びにお店にいくのがいいでしょう。結婚指輪に関しては、デザインも重要ですが、今後常に身に付けておくものになりますので、付け心地を優先するといいです。こういった形で婚約指輪と結婚指輪には大きく違いがあります。彼から婚約指輪を受け取ったら一生の宝物として大事にしましょう。

結婚が決まったら結婚指輪を買いにいきましょう。

婚約指輪と違い結婚指輪は今後一生身に付けておくものです。
夫婦で考え、お互いが付けやすい物を選ぶといいです。デザインも勿論大事ですが、デザインが懲りすぎていたり派手すぎていたりすると、服装によって変に目だってしまう可能性もあるので、シンプルにオシャレな物を選ぶとどの服装にも合うのでいいです。ネットで調べ、お店に行き、店員さんとよく話し合って決めましょう。結婚記念日の刻印などを入れると、とてもいいです。結婚式の準備が始まると、とてもバタバタしますので、早めに選んで早めに購入することをオススメします。最近では婚約指輪との重ね付けが流行っています。これは婚約指輪を渡したあと付けないのが勿体無いからでしょう。

© Copyright Choose From Princess. All Rights Reserved.