婚約指輪と結婚指輪、両方欲しい?それとも片方だけでいい?

婚約指輪と結婚指輪、両方欲しい?それとも片方だけでいい?

プロポーズをしてお互いが結婚の意思があると認め合ったとき、まずはお互いの両親に結婚したいことを相手を連れてあいさつに行きます。その上で、互いの両親とも良い縁だと認め合ったら、無事、結婚の方向へと流れます。
また後日、互いの両親が顔を会わせたときに結納の日取りなどを決めます。このときに、婚約指輪を渡す気持ちがあれば、ここのタイミングで渡すのも一つの手段です。婚約指輪は、婚約の証として、男性から女性に贈られる指輪です。
ただし、今は、婚約指輪を選択しないで、あえてその予算があれば結婚生活の費用にしようとするカップルがいます。これも時代の流れですし、男性の収入がそんなにない場合でしたら無理して高い指輪を買うよりも堅実に結婚生活をすることも一つの選択です。

結婚指輪は一生のものですので二人で慎重に選びましょう

ただし、婚約指輪は、つける期間は倹約時代の一時期だけですが、結婚指輪となると結婚生活をしている間ずっとすることになります。そして、二人とも同じデザインの指輪をすることになります。婚約指輪に比べてシンプルですが、一生使う大切なものですので、慎重に選びたいものです。
お互いの左手の薬指にはめて生活することを前提とする指輪となっています。女性はほとんどの方が結婚指輪をしています。男性も多くの方が結婚指輪をしています。結婚している証なので、はずしたときにうっかり忘れることのないようにしないと大変です。もしも、手を洗ったときにうっかり外して忘れて無くしてしまったら、相手は気分を害する可能性があります。それほど大切に扱う必要があります。

© Copyright Choose From Princess. All Rights Reserved.